タイショーテクノ 理念

社長挨拶

ごあいさつ 代表取締役社長 岡室 養子

「平素より弊社への格別のご理解と
ご支援を賜り、誠に有難うございます。」

あらゆるものが20世紀から21世紀への移行期間も終え、いよいよ新世紀型の社会が動き始めております。
このような時代の中、我々は限りない可能性を求め、常に技術・サービス・精神を磨き、すばらしいものづくりに挑戦し続け、お客様、関係各位皆様からいつまでも必要とされる企業を目指し歩んでおります。

私たちタイショーテクノが創り出しているのは、幅広い産業分野を支える様々な精密部品です。わずか数ミリの球形のモノから重量感のある複雑な形状のモノまで、用途・形・材質ともにその個性は豊かです。
弊社では、独自に構築してきた「精密冷間鍛造」「板金加工」「金型設計」等の総合技術・ノウハウを用い、試作開発から量産化実現までのトータルプロデュースを行うことで、お客様の多種多様なニーズにお応えしております。
近年では、未来に繋がる部品を提供していくために、未来産業を担う新素材・新形状の部品開発にも積極的に取り組み、タイショーテクノならではの確かなモノづくりを貫き、技術力に磨きをかけ、それら通じて“和して厳しく”をモットーに、次世代を担う技術人材の育成も積極的に行っております。

お取引先様、関係各位皆様、地域の皆様から愛される、より魅力ある企業を永遠の目標として、今後も成長して参りたいと考えております。

代表取締役社長 岡室 養子

  • タイショーテクノ 岡室知憲

    岡室 知憲

    OKAMURO TOMONORI

    専務取締役

    何事も、あきらめず、納得できるまでやり続ければ、成果と信頼に繋がります。
    2015年より役員として様々なプロジェクトに携わるようになり、日々、現場で感じている信念です。あらゆる部品には、その形になるべくしてなった意図があり、ご依頼者様と技術者の強い想いが宿っています。
    どの挑戦も一期一会。毎日、新たな気持ちで向き合い続けます。

  • タイショーテクノ 小林吉美

    小林 吉美

    KOBAYASHI YOSHIMI

    取締役

    日本塑性加工学会などで培った学術的知識と、現場の試行錯誤から生まれた柔軟なアイデアの融合が、当社の技術力の源泉です。
    長年の経験に裏付けられた社長の技術力・リーダーシップ、専務の固定観念にとらわれない発想、社員それぞれの専門スキルが響き合い、強い絆が生まれています。
    それが、さらなる製品イノベーションにつながると確信しています。

経営理念

【 至 誠 】

我々は 社員に対しても お客様に対しても 全てに対して偽りがあってはならない
我欲私欲を満たそうという心があってはならない
人間としてモラルを忘れず ルール違反の仕事をしてお金を儲けてはならない
「誠意と知恵」を売って「信頼」を得る
コツコツと働き いい仕事をしてこそ はじめて人間は幸福感を味わえる
自分を惜しまず 自分を尽くす
我々は 常に清く 正しく 美しく 尊く生きる
天地自然の理にかなった生き方を 天の道に従いて 人の道を歩く
「身体は労苦によって鍛えられ、精神は徳によって鍛えられる」
これを旨として 楽しく 爽やかに 堂々と働き 生きる我々であるならば
事業 社員 お客様 全ての成長 発展が約束され 豊かに幸せに生きられるに違いない
と信ずる

企業理念

  • お客様の発展の為にあらゆる協力を最大限に提供しなければならない。
  • 社員の幸せを追求し、待遇・環境は常に公平かつ道義にかなったものでなければならない。
  • 社会に対し、良き市民として貢献しなければならない。
  • 我社の発展の為弛まぬ努力をおしんではならない。

品質方針

  • 顧客の要求事項と期待を把握し、ISO規格の要求事項を満足させた品質管理体制づくりを全従業員の共通目標とし、
    その運用・維持・向上により顧客の信頼と期待を満足させる。
  • 品質マネジメントシステムを確立し、要求事項への適合を確実にすると共に、システムの有効性を継続的に改善する。
  • 全工程にわたり不適合品を出さないように努める。

お問い合わせはこちら

top